ホーム>のし・配送方法について

のし・配送方法について

慶事・弔事の表書きと、お勧めのお菓子

下記の項目は、「当店の一般的な事例」を一部、ご紹介いたしております。
もちろん、地域や慣習によって異なる場合もございますので、お気軽にご相談下さいませ。尚、特にご指定がない場合、のしは内のしになります。

ブライダル(結納、結婚引出物、結婚御祝、結婚内祝)

水引は結びきりとします。
結婚引出物の場合、名入れは新郎新婦の名前やご両家の姓を入れます。
右側が新郎、左側が新婦です。

名称 表書き お勧めのお菓子
結納 寿 愛慕栗、阿波のあじわい、季節菓子等
結婚引出物 寿 赤飯、愛慕栗、ハートどら焼等
結婚御祝 御祝 愛慕栗等
結婚内祝 内祝 赤飯、鶴上用、上用饅頭、愛慕栗等

出産(出産祝、出産内祝)

水引は蝶結びです。 出産内祝の場合、命名札もつけて贈ります。 赤ちゃんの名前を書き、左に生年月日を書きます。

名称 表書き お勧めのお菓子
内祝 内祝、出産内祝 赤飯、鶴上用、上用饅頭、愛慕栗など

成長のお祝(初節句、七五三、入園、入学、卒業、成人)

水引は蝶結びです。

名称 表書き お勧めのお菓子
初節句:雛の節句 初節句御祝、御祝 赤飯、ひし餅、雛あられ、ういろ、鶴上用等
初節句:端午の節句 初節句御祝、御祝 赤飯、柏餅、ちまき、鶴上用等
七五三 祝七五三、御祝 赤飯、上用饅頭、おぼろ饅頭等
入園祝 入園御祝、御祝 赤飯、上用饅頭、おぼろ饅頭等
入学祝 入学御祝、御祝 赤飯、上用饅頭、おぼろ饅頭等
卒業祝 祝卒業、御祝 赤飯、上用饅頭、おぼろ饅頭等

長寿のお祝(還暦など)

名称 表書き お勧めのお菓子
還暦祝(61歳) 寿、御祝、還暦御祝 羊羹、上用饅頭、小倉最中、ういろ等
古稀祝(70歳) 寿、御祝、古稀御祝 羊羹、上用饅頭、小倉最中、ういろ等
喜寿祝(77歳) 寿、御祝、喜寿御祝 羊羹、上用饅頭、小倉最中、ういろ等
傘寿祝(80歳) 寿、御祝、傘寿御祝 羊羹、上用饅頭、小倉最中、ういろ等
米寿祝(88歳) 寿、御祝、米寿御祝 羊羹、上用饅頭、小倉最中、ういろ等
卒寿祝(90歳) 寿、御祝、卒寿御祝 羊羹、上用饅頭、小倉最中、ういろ等
白寿祝(99歳) 寿、御祝、白寿御祝 羊羹、上用饅頭、小倉最中、ういろ等
紀寿祝(100歳) 寿、御祝、紀寿御祝 羊羹、上用饅頭、小倉最中、ういろ等

厄除け

水引は結びきりとします。 男性は25歳と42歳、女性は19歳と33歳と37歳が厄年になります。その内、男性は42歳、女性は33歳が大厄(本厄)とされていています。2月最初の丑(うし)の日に友人や親戚にお菓子を配り、ひとりひとりに少しずつ厄を持って帰ってもらいます。 表書きの他に、短冊に「壮年 徳島 一郎」、又は「初老 徳島 二郎」とご本人の名前を付けます。 女性の場合も同じです。 お菓子は通例、8個入のものを配るとされています。 地域、家庭によってお菓子のみであったり、お赤飯をつけたり様々です。
水引は結びきりとします。

名称 表書き お勧めのお菓子
厄除け 厄除け祈願 青白饅頭、青白羽二重餅、どら焼等

お菓子に厄除けの焼き印を押します。

病気(御見舞、快気祝)

水引は結びきりとします。

名称 表書き お勧めのお菓子
御見舞 御見舞 なめらかぷりん、季節菓子等
快気祝 快気祝 菓子詰合せ、季節菓子等

御中元・御歳暮

水引は蝶結びとします。

名称 表書き お勧めのお菓子
御中元 御中元 水菓子、菓子詰合せ等
御歳暮 御歳暮 さくらももいちご大福、阿波のあじわい、菓子詰合せ等

弔事(通夜見舞、葬礼、香典返礼、法事)

徳島ではハスのしが一般的です。宗派によっては黄白のしの場合もあります。 葬礼前の場合、まだ仏様になっておりませんのでハスのしは使いません。 表書きの志はどの宗派にでも使えます。 満中陰志は49日法要後のお返しに用います。

仏式の場合

名称 表書き お勧めのお菓子
通夜見舞 御通夜見舞 愛慕栗、菓子詰合せ、小倉最中、季節菓子等
葬礼 御供 愛慕栗、上用饅頭等
葬礼引出物 粗供養 愛慕栗、上用饅頭等
香典返礼 満中陰志、志 愛慕栗、上用饅頭等
法事 御供 愛慕栗、文化の森、小倉最中等
法事引出物 粗供養 愛慕栗、上用饅頭等

神式の場合

名称 表書き
通夜祭 通夜祭御見舞、奉(たてまつる)
葬礼 御供
葬礼引出物 粗供養
香典返礼 偲草(しのびぐさ)
法事 御供
法事引出物 粗供養

※五十日祭の忌明けまではのしは黒白、それ以後は赤のしを用います。

その他(上棟式、新築、地鎮祭)

水引は蝶結びとします。

名称 表書き お勧めのお菓子
上棟式 御祝、祝上棟 菓子詰合せ、どら焼等
上棟内祝 内祝、上棟内祝 赤飯、鶴上用、羽二重餅、おぼろ饅頭、上用饅頭等
新築祝 御祝、祝新築 菓子詰合せ、どら焼等
新築内祝 内祝、新築内祝 赤飯、鶴上用、羽二重餅、おぼろ饅頭、上用饅頭等

 

「のし」の形態について

20131120153050.png

「結びきり」の例

20131120153111.png

「蝶結び」の例

20131120153128.png

 

お祝い事や贈り物などに使われるのが水引です。水引の主な結び方は「結びきり」と「蝶結び」があります。

「結びきり」は一度結んだらほどけない結び方で、二度繰り返してほしくない結婚祝い、弔事、病気見舞い、災害見舞いなどに使います。

もう一つの「蝶結び」は何度でもほどくことが出来ます。何度あってもいいお祝い事や贈り物に使われます。
 

包装について

2013112015272.jpg

通常の包装

20131120152721.jpg

イベント時の包装 (ももいちご大福の例)

通常は上記の包装紙にてお包み致します。 クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー等に使用される場合にはそれに応じた包装を致します。

ページ上部へ